ヴィラ・プランタン
せとうち
資料請求・
お問い合わせ
ヴィラ・プランタン
せとうち
資料請求・お問い合わせ ヴィラ・プランタンせとうち トップに戻る

2017.08.07

「今さら聞けない成年後見人制度とは 」

法律を武器にゲストさまを不利益から護るプロフェッショナル

野田智子さま・竹内俊一先生・松崎寛先生 インタビュー

野田 智子 さま

弁護士 竹内法律事務所
竹内 俊一 先生

司法書士・土地家屋調査士・行政書士 松崎寛事務所
松崎 寛 先生

インタビュアー
松浦 美代(総支配人)

松浦:本日はヴィラ・プランタン おかやまのゲストさま 野田智子さまと、野田さまの成年後見人の竹内俊一先生、松崎寛先生をお迎えして成年後見人とは?成年後見人のお仕事をテーマにお話をさせていただきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。さっそくですが成年後見人制度とはどのようなものか簡単にご説明をいただけますでしょうか?

竹内先生:はい。たとえば認知症やご病気などの理由で判断能力の不十分な方々に代わり、不動産や預貯金などの財産の管理や、ヴィラ・プランタン おかやまのような施設への入所に関する契約を結んだり、また遺産分割の協議を行うなど、判断能力の不十分な方々を保護・支援するのが、我々後見人の主な役割です。

松浦:確かに認知症の方が、不利益な契約を結ばされてしまったり、悪徳商法の被害に合われるなどの被害は残念なことに、よく耳にします。松崎先生、成年後見制度にはどのようなものがあるか教えていただけますか?

松崎先生:はい。成年後見制度には我々のような法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。法定後見制度は「後見」「保佐」「補助」の3つがあり、判断能力の程度など、ご本人さまの事情に応じて制度を選べるようになっています。野田さまは財産が大きく、家庭裁判所は竹内先生と私の2名を選任しました。

松浦:野田智子さまは2008年8月にヴィラ・プランタン せとうちにご入居いただきました。1年前にヴィラ・プランタン おかやまが完成してから、ご本人のご希望で転居されました。転居されてから約1年になりますが、先生方から見て野田さまのご様子はいかがですか?

竹内先生:ヴィラ・プランタン せとうちは、本当に景色も環境も最高の場所でしたが、野田さんはヴィラ・プランタン おかやまから近い街中でずっとお暮しだったこともあり、こちらの生活が気に入られているようですね。面会の時もしっかり歩いてこられて安心しています。

松崎先生:私の名前も憶えてくれて、顔色もよく、いいお顔をされています。ヴィラ・プランタン おかやまに来てからずっと落ち着かれているように思います。野田さんにとっては転居されてよかったと思います。

野田さま:はい。向こうもよかったけど、ここは家が近いですから。教会にも行きやすいし、買い物に行けるからいいですよ。

松浦:元気になられて教会にも行けるようになって、いいことが増えたように思います。教会の方も1か月に1回くらい行かれていますか?

野田さま:時々行かない時もあるけれど、毎月1回行くようにしています。教会の方からも時々こちらに来てくれています。

竹内先生:おかやまに来てから、ずいぶんと精神的にも落ち着かれましたね。ここでは、家にいるのと近い感覚で暮らすことができるので、それがお元気になられた理由かもしれませんね。教会にも向こうから来てもらうよりも、タクシーを使ってでも自分から行くようにした方がいいかもしれませんね。タクシーの車窓から見える街中の景色も野田さんにとってはよい刺激かもしれません。

松崎先生:確かにそれは街中に来たメリットですね。特に野田さんは街中でずっと暮らされてこられたので、ヴィラ・プランタン せとうちのようなリゾートホテルのような環境よりもこちらの方が合ったのでしょうね。

松浦:最近ではコンビニのポイントカードを作られて、元気にコンビニにお買い物に行かれています。
野田さんはご入院されていた病院から退院が決定した時点では成年後見人が決定しておらず、さらに野田さまのお母さまもご一緒に施設入居を希望されており、それでも退院の時期が迫る中、条件が合う施設はヴィラ・プランタン せとうちしかないということになり、ご入居していただくことになりました。その後に竹内先生、松崎先生が選任されほっとしたのを覚えています。先生方は後見人として野田さまにどのように関わられていらっしゃいますか?

竹内先生:財産がかなり大きかったので、家庭裁判所も弁護士を含めて、複数の専門職を選任しました。松崎先生と協力して分担したり、役割を交代したり、非常に円滑に業務を行わせていただいています。

松崎先生:月に1回は訪問して愚痴を聞いて差し上げたり、そんなこともしていますね。笑 財産は竹内先生と二人で管理していますので心強いです。何よりも野田さんにいつまでもお元気でいていただきたいと思います。ご要望も色々あると思いますが、できるだけ答えてあげてください。

松浦:承知致しました。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

ヴィラ・プランタン グループでは、成年後見人制度等の制度に関しても、安心してご相談をいただける幅広いネットワークがあります。入居に関連してご不安なことがあれば何でもご相談ください。介護はたくさんの専門職の方々により支えられています。

総支配人 松浦美代


2017.07.03

「今度こそ母に合った施設を選んであげたい」

退院して施設に戻るたびに再発を繰り返していた母の症状が安定した本当の理由

山口淑子さま・ご家族さまインタビュー

山口淑子さまには、認知症の周辺症状があり、これまでも施設から病院への入退院を繰り返されていました。症状が安定して施設に戻ると、また症状が不安定になり再入院。
施設が変わってもこの状況を変えることは出来ませんでした。6か月の長期入院を経て、病院からのご紹介でヴィラ・プランタン おかやまにご入居していただくことになりました。

三上:ご入居後、ご家族さまからご覧になったお母さまのご様子はいかがでしょうか?

ご家族様:入居して1か月になりますが、驚くことに会いに来るたびによくなっているように感じます。今までは退院後、施設に戻るたびに症状が悪化していたのに、今回は反対に良くなっているようで本当に感謝しています。

三上:ありがとうございます。認知症のケアにも力を入れていますので、引き続き少しでも症状が安定するようにケアを進めさせていただきます。ところでこれまでは入退院を繰り返されたとのことですが。

ご家族様:はい。昨年も7月から今年の1月にかけて計3回、1月からは6か月間の長期入院となりました。これまでは退院しても数日で症状が悪化することもあり、すぐに再入院になったこともありました。施設を変えてみたりもしましたが、状況は同じでした。

三上:ヴィラ・プランタン おかやまはどのようにしてお知りになられましたか?

ご家族様:病院のソーシャルワーカーさんからご紹介していただきました。病院としても施設に戻る度に症状が悪化して、どこにすればいいのか、相当考えてくれたようです。私たちは正式オープン前の見学会で見学させていただき、うちの母ならここが合うとすぐに思いました。

三上:どのようなところが入居の決め手となりましたか?

ご家族様:母は私が子供の頃から本当に綺麗好きでした。部屋も台所もいつも驚くほどピカピカにしてしまう人でした。そんな母にはヴィラ・プランタン おかやまの、施設とは違うホテルのような雰囲気が、きっと合うのではないかとすぐに思いました。本当にいいところを紹介してくれたと、オープンを心待ちにしていました。

三上:ありがとうございます。お母さまの日々の生活はいかがですか?

ご家族様:施設内のデイサービスを利用させていただいているので、楽しく過ごしているようです。
山口様:おかげさまで退屈はありません。みんな家族のおかげです。

三上:では最後に山口様と同じように入居先のことでお悩みの方に一言お願い致します。

ご家族様:母の症状も今までにないほど本当に落ち着いてきて、現時点ではヴィラ・プランタン おかやまを皆さんにお奨めすることができます。ヴィラ・プランタン おかやまの、広々として静かで綺麗な環境が母に合ったのではないかと思います。入居する本人に合った施設に入れてあげることが重要だったと今は思っています。

三上:ありがとうございました。これからも期待を裏切らないように、スタッフ一丸となってケアさせていただきます。

Copyright (C) 2017 ヴィラ・プランタン おかやま. All Rights Reserved.